パリエの看護観
「心に向き合い、寄り添う」

ご利用者とご家族の心に
向き合い、寄り添う。
それが私たちの「看護観」

訪問看護・リハビリのご利用者様には、様々なご希望や事情があります。
機械的に看護・リハビリを行うのではなく、しっかりと心の声に向きあい、ご希望の生活が送れるようサポートすることが私たちの使命です。
スタッフ一人の一人の想いや考えを尊重しながら、チームでしっかりとケアとキュアを行い、ご利用者様とそのご家族と心を通わせる。
そんな訪問看護・リハビリを私たちは理想としています。

「心に向き合う」
「寄り添う」
ことってなんだろう?

ご利用者様もそのご家族も、そしてサービスを提供する私たちもそれぞれ一人の人
間です。 例えばあなたが、大切な人に接する時にどのような気持ちになり、どんな行動をと
りますか?一人での生活、家族との生活。何らかの医療やリハビリを必要とする方は、少なから
ず不安を抱えています。
ご利用者様が一番安心して暮らせる自宅や住みなれた場所に訪問し、医療やリハビリの不安を取り除くことは、決して病院での入院生活では感じることができない安心をご提供することができます。

募集要項・エントリーはこちら

募集要項・エントリー
クッキー(cookie)の広告配信利用について